trjytkuy

1: 
もう終わりだね 2018/03/08(木) 17:20:21.51 ID:CAP_USER9



1: もう終わりだね 2018/03/08(木) 17:20:21.51 ID:CAP_USER9
◆“半年間、ホトケを野ざらし”はなかった? 薩長の「埋葬禁止令」を覆す新史料

今も会津に渦巻く、150年前の怨念。最大の要因は、官軍の「埋葬禁止」にあった。
しかし、最近、「定説」を覆す新史料の発見があった。


旧会津藩の城下町、福島県会津若松市。 藩校の学びを伝える博物館「会津藩校日新館」の館長、宗像精(むなかたただし)さん(85)は、こう切り出した。 「薩長憎しの理由は、西軍が家財道具を分捕ったり、若い娘を略奪したり、そういう悪行の数々があるからです」

元中学校教師で市教育長も務めた宗像さんによれば、戦前の小学6年の国定教科書には会津藩は薩長に「てむかった」と書かれていた。 それはとりも直さず、会津藩は「朝敵」「賊軍」だと言っているようなもの。 それを子どもたちが暗記させられたかと思うと、屈辱的な思いは消えない。 宗像さんはいまだ「官軍」とは言わず「西軍」と言う。

「官軍といっちまうと、こっちは賊軍になっちまいます」

賊軍とは、政府軍の「官軍」に対する呼び方だ。 会津地方で「戦後」といえば太平洋戦争でなく、戊辰戦争(1868~69年)後のことを指す。 賊軍の汚名を着せられ、戊辰戦争での敗戦によって会津藩士は苦難の道を歩むことになるからだ。 政府は今年、「明治150年」を唱え、祝賀ムードを全国に演出しようとしている。 しかし、会津若松市内には「維新」ではなく、「戊辰150周年」ののぼり旗が立つ。

「逆賊の汚名を着せられた薩長への恨みはいまだにあります」

市内で働く女性(40)は言う。 同じ怨念を抱いている人たちが、本州「さいはての地」にもいる。

「薩長への恨みはいまだに消えません」

青森県大間町。 この町の小さな商店街にある「斗南(となみ)藩資料館」の館長、木村重忠(しげただ)さん(78)は、静かな口調でこう話す。 館名が示す通り、斗南藩士の末裔だ。 斗南藩は1869(明治2)年、戊辰戦争に敗れた会津藩士らが家名再興を許され、立ち上げた藩だ。 最後の会津藩主・松平容保(かたもり)の長男で生後5カ月の容大(かたはる)を藩主に担いで起こした。 71年までに、会津藩士とその家族1万7300人余が、下北半島に移住した。

木村さんは斗南藩で「史生(しじょう)」(記録係)だった木村重孝(しげたか)の曽孫(ひまご)に当たる。 会津藩では会計係を務めていた重孝は70年、妻と4人の子どもたちと一緒に、新潟港から蒸気船「ヤンシー号」に乗ってこの地に来た。 「みんな裸同然でここに来て、どうやって飯を食っていくか大変だったようです」(木村さん)

写真:戊辰戦争で亡くなった会津藩士の埋葬について記された「戦死屍取仕末金銭入用帳」
https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2018030700052_1.jpg?update=20180308161657

AERA dot.  2018.3.8 07:00
https://dot.asahi.com/aera/2018030700052.html?page=1
https://dot.asahi.com/aera/2018030700052.html?page=2
https://dot.asahi.com/aera/2018030700052.html?page=3 

下北半島は昔から寒冷の地で、農業の生産性は低い。
当時、土地は枯れて米はほとんど取れず、死んだ犬肉の塩煮を食べた人もいた。
寒さと栄養不足で、多くの移住者が亡くなった……。

悲惨な苦痛の歴史を後世に残すべく2005年、木村さんは150万円近くをかけ、自宅2階を改装し私設の「斗南藩資料館」を開設した。 館内には、容保直筆の「向陽處(こうようじょ)」の掛け軸や、ヤンシー号の絵、廃藩置県後に斗南藩士が手放した品など貴重な資料が展示されている。 館を訪れた人に、斗南藩の歴史を丁寧に説明する木村さんの薩長への遺恨は深い。

「いまNHKでやっている『西郷(せご)どん』ですか? 薩摩が舞台のドラマなんて全然見る気しませんよ」

この「薩長憎し」の風土を育んだ最たる要因の一つとされてきたのが、戊辰戦争時の「埋葬禁止説」とされる。 新政府軍がホトケの埋葬を禁じたため、戊辰戦争で戦死した会津藩士のホトケが半年間、野ざらしにされた、というもの。 しかし、この「定説」を覆す新史料が16年12月に見つかっている。 詳細をつづった『会津戊辰戦死者埋葬の虚と実』(歴史春秋社)の著者で、新史料を発見した会津若松市史研究会の野口信一副会長(68)は言う。

「地元の反応は『初めて知った』『驚いた』という声が大部分でした。 長州とのわだかまりの最大の障壁が取り除かれたのは大きな意義がある、と自負しています」

新政府軍の汚名をそそぐ「確たる証拠」が残されていたのは、戦死者の埋葬や金銭支払いを記録した「戦死屍取仕末(せんしかばねとりしまつ)金銭入用帳」。地元在住の会津藩士の子孫が1981年、若松城天守閣郷土博物館(会津若松市)に寄贈した史料の一部だ。市の委託を受けた同研究会が、目録の編纂(へんさん)中に発見した。 この史料によると、明治新政府は会津藩降伏の10日後の旧暦10月2日に埋葬を命令。 翌3~17日、会津藩士4人が指揮する形で567人の戦死者のホトケを計64カ所に埋葬した。

埋葬にかかった経費は74両(現在の相場で約450万円)。
のべ384人が動員され、1人当たり1日2朱(同7500円)を支給した。

家紋などが入ったホトケ発見時の服装も詳述され、山本八重の父・山本権八のホトケや、白虎隊士と思われるホトケも記録されていた。 山本八重は、13年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で綾瀬はるかさんが主演した女傑だ。 ではなぜ、埋葬禁止が「定説化」したのか。
野口氏はこう説明する。

「会津戦争から半年後の1869年2月に、城下の阿弥陀寺に藩士たちのホトケを改葬したことが、『半年間も放置した』と誤認される要因につながったと思われます」

 埋葬禁止が流布したのは1960年代以降だと、野口氏は指摘する。

「この頃から敗者である会津側から見た歴史が注目されるようになり、阿弥陀寺への改葬に尽力した会津藩士の町野主水の奮闘を伝える小説やエッセーなどで盛んに『埋葬禁止説』が現出するようになりました。 しかしこれらは、歴史的資料に裏付けられたものではありません」 埋葬禁止の浸透と相まって、実直な会津人気質を長州への歴史的怨念と結び付けて「会津の頑固」と称し、これが会津観光のPRにも使われるようになった。
こうした会津のイメージが他地域にも広まり、会津人自身の思考や振る舞いを縛っていった面もあると野口氏は解説する。 AERA 2018年3月12日号

64: もう終わりだね 2018/03/08(木) 19:24:31.46 ID:yuzHDv2L0
>>1
会津って藩士や家族は東北へ移住させらせて、 残ったのは農工商じゃなかったか? で、会津藩は、士 vs 農工商な感じで、 官軍の立ち位置は敵の敵は味方。 あんたたち官軍側だよね?

むかし、平泉に行った時に 「義経さまが~~」 と崇めてたけど、貴方達の先祖は裏切って襲った側でしょ? 義経側に生き残りはいなかったんじゃね? 皆殺しして英雄かよ。みたいな。

6: もう終わりだね 2018/03/08(木) 17:23:49.08 ID:59LTBcPE0
ホトケがどうのこうのどうでもいいわ 薩長は政府を武力で転覆させた過激派テロリスト
それ以上でも以下でもない

46: もう終わりだね 2018/03/08(木) 18:03:53.34 ID:oPAE5za10
>>6
勝てば官軍でごわす、 反論はゆるさないでごわす

7: もう終わりだね 2018/03/08(木) 17:23:51.89 ID:Oz/vyMU70
最近は明治維新から否定するキャンペーンとか初めてそう

10: もう終わりだね 2018/03/08(木) 17:25:19.58 ID:ENphZgcR0
会津の悲劇を歴史の闇に葬ってはならない。 会津大虐殺記念館の建立を急がねばならない。

28: もう終わりだね 2018/03/08(木) 17:38:47.59 ID:vBjVE6Tn0
会津戦争
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9A%E6%B4%A5%E6%A6%E4%BA%89

背景

鳥羽・伏見の戦いで幕府軍が破れ、徳川慶喜と共に江戸に退去した容保は、新政府の追討令を受けた慶喜の恭順方針に従って自らも恭順の姿勢を示すため会津へ帰国し謹慎するが、
藩内では主戦論が支配的であり、それを察知していた新政府側でも会津藩の恭順姿勢を信用してはいなかった。

奥羽越藩同盟の結成時点(白石会議)では赦免嘆願を目的としていたが、
会津藩が明治新政府の通達に対して罪を認めず謝罪を拒否する回答書を示した事と、明治新政府の鎮撫使である世良修蔵が仙台藩士によって殺害された事件から戦争に傾くことになる。

会津藩家老西郷頼母は戦況が圧倒的に不利と見て藩主・松平容保に降伏を勧めるが、容保は徹底抗戦を主張し徴兵に乗り出した。 また、藩側に逃げてきた農民や町人らも、武器を渡され戦うことを命じられることとなった。

しかし他の藩と同様に、会津藩も領民に対して苛酷な税金を課していたため、重税さらには戦争にまで巻き込まれる形となった領民たちの士気は低く逃走者が後を絶たなかった。意気揚々と鳥羽・伏見の雪辱に燃える会津藩士とは対照的であった。 とくに(藩の軍資金確保を名目に)資産のほとんどを徴発された会津の町人たちに至っては、征服者である新政府軍を「官軍様」と呼び、会津藩士を「会賊」と呼びすてにした。

また、新政府軍の拠点確保を阻止するため、一部の村々を焼き払ったことも領民たちの恨みを深くした。 そのため、後に進軍してくる新政府軍が、会津藩領の村々から大量の人夫・馬・軍資金などを徴発しても、反発するどころか歓迎してこれに応じる者までいる有様だった。

会津藩が降伏したことで、今まで藩の重税に苦しんでいた農民たちにより、ヤーヤー一揆(会津世直し一揆)が起きた。

36: もう終わりだね 2018/03/08(木) 17:48:56.87 ID:4sK4OsK40
九州は維新の偉人だの言って担ぎあげてイメージ戦略やってきたけど
熊本震災でメッキ剥がれてゲスな正体バレたよね
100年やそこらじゃ素行は変わらん

42: もう終わりだね 2018/03/08(木) 17:57:18.34 ID:lr1Z8ibN0
そりゃ埋葬禁止なんてやってたら疫病流行るぐらいは薩長でも知ってたろう

47: もう終わりだね 2018/03/08(木) 18:08:14.64 ID:S8kaiSLO0
当時の会津の農民は薩長軍を喜んで迎え入れ、会津武士を会賊と下げずんだものだが、忘れたのか。

48: もう終わりだね 2018/03/08(木) 18:09:50.26 ID:Rsb+jwoS0
キチガイテロリスト長州が陸軍を牛耳り、あげく米英に戦争を仕掛けた結果原爆を落とされ皇国壊滅一歩手前に陥るという悲劇に見舞われた。

50: もう終わりだね 2018/03/08(木) 18:13:08.38 ID:pQv/bM6Z0
会津の観光ネタってw 半島と一緒w

51: もう終わりだね 2018/03/08(木) 18:14:03.46 ID:K0Pc4qBM0
清水次郎長の咸臨丸ホトケ埋葬も

52: もう終わりだね 2018/03/08(木) 18:17:54.61 ID:8/p7y79h0
嘘つきは、会津武士の始まり

55: もう終わりだね 2018/03/08(木) 18:26:02.91 ID:etzw+c9B0
半年間野晒しだったというのは誤りで 10日間野晒しだったんじゃないかな。 新政府軍の現場が野晒しを命じて、上層部に「野晒しにしてやりましたw」って報告したら 上層部が「あほか」って埋葬を命じたとか。

57: もう終わりだね 2018/03/08(木) 18:33:29.90 ID:etzw+c9B0
幕府が維新の志士を取り締まってたくさん拷問死したとき、担当者が会津藩士だった関係で
薩摩藩に会津藩憎しの感情が強かってからの会津戦争だから、 薩摩藩士は殺したくて仕方がない状態で 新政府軍に加わってた他藩の武士にドン引きされたんだろ。

59: もう終わりだね 2018/03/08(木) 18:41:11.94 ID:29Td8bLX0
これは事実そのものは割と以前から知られていたけど 感情とフィクション的な面白さから長年目を背けられていた例だね 2009年に日韓基本条約の内容が公開されても韓国の反日が変わらなかったのと同じで 会津地方の人間の心が変わらない限り定着はしないだろう
しかしそれでも事実を訴えることには価値がある、もちろん

>>57
つーか新選組な まあ汚れ仕事をやらせたのは会津藩だが

60: もう終わりだね 2018/03/08(木) 18:43:33.08 ID:etzw+c9B0
蛤御門の変のとき、薩摩はまだ会津と一緒に幕府軍として長州軍と戦っていたから、
薩摩藩士は会津藩士に顔が割れていて、 薩長同盟で薩摩が倒幕派に転じてから、会津藩士の薩摩藩士取り締まりが容易で、たくさん捕まって殺されたんよ。 それで薩摩は会津を恨んでいたし、 会津も、新政府軍に降伏しても受け入れられないやろうなぁという予想があって、玉砕するしかないとなった。

67: もう終わりだね 2018/03/08(木) 19:28:14.59 ID:7k7kHR/70
勝てば官軍の典型的な例
新政府の重職は薩長で独占して富も独占 日本の近代化の礎?? 世界情勢的に近代化の流れに乗っただけ 大和民族の几帳面、勤勉、器用で成功しただけで新政府は欧米の助言通りに行動して独自性はなかった 欧米やアメリカの文献には新政府は幕府より組み易しとしてた 特にイギリスは新政府は無能と新聞でもこき下ろした

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520497221/



100921


会津は散々ひどいめにあってるよな