o0480033513739257472






㈱マルハン(韓裕代表取締役)は11月29日、平成30年3月期の中間期決算短信を公表した。

同中間期(平成29年4月1日~9月30日)の連結業績は、売上高7,994.3億円(前年同期比7.7%減)、営業利益178.3億円(同39.6%減)、経常利益184.9億円(同37.4%減)、純利益113.0億円(同44.5%減)で、減収減益となった。

同社は今年5月に創業60年を迎えた。現在、全国で321店舗のパチンコホール(パチスロ専門店含む)を運営。前期(平成29年3月期)の通期業績は売上高1兆6,788億円、経常利益373億円で、同期末の従業員数は12,505名(パート含む)を数える。





100921




■ダイナム

当社の2017年9月中間期は、 
貸玉収入397,127百万円(前年同期比4.6%減)、 
営業収入77,211百万円(前年同期比3.3%減)、 
税引前中間利益8,406百万円(前年同期比26.7%増)、 
中間利益5,434百万円(前年同期比42.3%増)となりました。 




ダイナムの売上が-4.6%で利益+42.3%の減収増益
マルハンが、-7.7%で利益-37%

それでも両社ともに、まだまだ儲かっているんだけどな
来年からもっと厳しくなる

ダイナムマルハンですらこうだから
客のいない中小はもっと厳しいことだろう