htrejytku

1: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:19:08.52 ID:bj4olfEe0● BE:565421181-PLT(13000)



1: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:19:08.52 ID:bj4olfEe0● BE:565421181-PLT(13000)
教訓はなんなんだよ
https://hayabusa9.5ch.net/news/

23: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:25:33.92 ID:jQFhJ74m0
そのとき兵十は、ふと顔を上げました。と、きつねが家の中へ入ったではありませんか。こないだうなぎをぬすみやがった、あのごんぎつねめが、またいたずらをしに来たな。
 「ようし。」
 兵十は、立ち上がって、納屋(なや)にかけてある火なわじゅうを取って、火薬をつめました。
 そして足音をしのばせて近よって、今、戸口を出ようとするごんを、ドンとうちました。ごんはばたりとたおれました。兵十はかけよってきました。家の中を見ると、土間にくりが固めて置いてあるのが目につきました。
「おや。」と、兵十はびっくりしてごんに目を落としました。
「ごん、お前だったのか。いつもくりをくれたのは。」
 ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなづきました。
 兵十は、火なわじゅうをばたりと取り落としました。青いけむりが、まだつつ口から細く出ていました。

6: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:20:27.05 ID:QpLxR3KH0
>>1
他人のウナギを獲ったらアカン

34: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:28:18.75 ID:P7q3YlOp0
>>1
ヤクザが更生しても 世間の目は変わらない

35: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:29:03.28 ID:QpLxR3KH0
>>34
普通の奴が仕事しないとニートってバカにされるのに
昔悪だった奴がバイトしてると褒められるのはなぜ?解せぬ

40: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:31:35.90 ID:bT1zlefJ0
>>1
善意のつもりが相手には悪意と誤解され
人間関係は難しい

56: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:42:01.73 ID:/Y53zbVG0
>>1
教訓はフリーズを聞き間違えると撃ち殺される

58: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:43:00.56 ID:qI1pJaVp0
>>1
人間は恐ろしい

129: もう終わりだね 2018/10/07(日) 00:13:29.37 ID:3vSHS9i10
>>1
・君子危うきに近寄らず
・一寸先は闇
・差し出すのはコインやないんやで~ 正解はボインやで~

163: もう終わりだね 2018/10/07(日) 02:25:26.88 ID:oit3c9AdO
>>1
「手袋を買いに」と「ごんぎつね」を混同してますな?

28: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:26:15.56 ID:clQm9Tmu0
小学校の学芸会で、役を増やすためか知らんが ゴンが何匹もの兄弟ギツネに変更されていた
一匹が撃たれた後で、逃げ惑う残りのキツネたちを 兵十が次々と撃ち殺していくクライマックスは 恐ろしいバイオレンスに満ちていた
thrtmj

32: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:27:34.29 ID:pJtMCEZt0
>>28
wwwww

43: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:32:34.86 ID:Z0sxH0nJ0
>>28
学芸会で主人公が無差別銃乱射…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

93: もう終わりだね 2018/10/06(土) 23:16:40.71 ID:BiObgH3k0
>>28
これすき

109: もう終わりだね 2018/10/06(土) 23:41:32.36 ID:a8a7ISbl0
>>28
まあまあ混んでる電車でこそこそスマホ見ながら死ぬほど吹いたわw

151: もう終わりだね 2018/10/07(日) 01:02:47.24 ID:QDCzzcge0
>>28
お紅茶ふいたw

181: もう終わりだね 2018/10/07(日) 04:36:13.53 ID:GWE+5Iys0
>>28
散り散りに逃走する複数の狐をリロード遅い火縄銃一本で全滅させるとか恐らく生活に困らないレベルのシモヘイヘ

38: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:31:18.27 ID:5ffmx2jw0
小学校の時にごんぎつねの感想言い合う授業あったんだが
「ごんがウナギ逃したことは兵十は知らないし、兵十のおっかあ死んだのとごんのやったことは関係ないから気に病む必要はなかった」
って言ったら大顰蹙かった

47: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:36:20.32 ID:Z0sxH0nJ0
>>38
おまえは正しいと思う

46: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:35:58.62 ID:QpLxR3KH0
兵十「またごんきつねか!」
銃弾で打った
きつね「へへーそんなん当たるわけないだろとっつぁーん」
兵十「ま、まてールパン!って捕まえたぞ」
きつね「ちゃ、ちゃうでーワイは隣の五十六やで」
兵十「くそー・・また逃げられたぁ!いつか逮捕してやる」

まっかなーばっらーわーあいつのーくちびるー

55: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:41:25.79 ID:dz1uxy9X0
>>46
そこでオープニングかよ

59: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:43:37.29 ID:3D7L0EuR0
カチカチ山って今だと教育の場で読めないよな

63: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:45:32.81 ID:tjUdNc0q0
>>59
おばあさんを騙した挙句、背後から杵つきで滅多打ちだもんな
そりゃ義憤に駆られたうさ公に誅殺されるわ

68: もう終わりだね 2018/10/06(土) 22:48:48.11 ID:nKPvWckQ0
>>63
その後じいさんにタヌキ汁と偽ってババア汁を喰わす外道っぷり

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1538831948/




へー
kaiwa1


ほー
100921


おすすめ

■直近人気記事!

1位.★学校で女児強制性交した先生の余罪がすごかった!八木航 (34)、自宅で複数の女子児童に同様の行為をし撮影した動画が発見される 「画像」

2位.★「大食い魔女」菅原初代に非難殺到!番組演出に文句をつける 汚いババアは見たくない

3位.★自宅にデリヘル呼ぶ非日常感がたまらない

4位.★競馬もAIで当たりまくりの時代に?オッズ崩壊だろw人工知能「SIVA」

5位.★樋田容疑者の手紙にちょっと感心したひと多し



■おすすめ最新記事!

★【孟獲】性犯罪で7度逮捕された男、今度釈放すれば心服するのか…自転車の17歳少女を転倒させ畑に押し込む 名古屋の建設作業員・坂野雅哉容疑者

★お釈迦様の骨の舎利が世界に大量に存在する。集めると複数体分

★徳川慶喜は愚将!「戦う勇気がなかった」

★【画像】中村静香(30)セーラー服姿が話題に

★【悲劇】7歳女児ファミレストイレで暴行被害...女児を探してた母親はトイレから声を聞き… 南アフリカ






TOPページへ

ごんぎつね     新美南吉

 これは、わたしが小さいときに、村の茂兵(もへい)というおじいさんからきいたお話です。
 むかしは、わたしたちの村のちかくの、中山というところに小さなお城(しろ)があって、中山さまというおとのさまがおられたそうです。
 その中山から、すこしはなれた山の中に、「ごんぎつね」というきつねがいました。ごんは、ひとりぼっちの小ぎつねで、しだのいっぱいしげった森の中に穴(あな)をほって住んでいました。そして、夜でも昼でも、あたりの村へ出ていって、いたずらばかりしました。畑へ入っていもをほりちらしたり、菜種(なたね)がらの、ほしてあるのへ火をつけたり、百姓家(ひゃくしょうや)のうら手につるしてあるとんがらしをむしり取っていったり、いろんなことをしました。
 ある秋のことでした。二、三日雨がふりつづいたそのあいだ、ごんは、ほっとして穴(あな)からはい出しました。空はからっと晴れていて、もずの声がキンキンひびいていました。
 ごんは、村の小川のつつみまで出てきました。あたりのすすきの穂(ほ)には、まだ雨のしずくが光っていました。川はいつもは水が少ないのですが、三日もの雨で、水がどっとましていました。ただのときは水につかることのない、川べりのすすきやはぎのかぶが、黄色くにごった水に横だおしになって、もまれています。ごんは川下の方へと、ぬかるみ道を歩いていきました。
 ふと見ると、川の中に人がいて、何かやっています。ごんは、見つからないように、そうっと草の深いところへ歩きよって、そこからじっとのぞいてみました。
「兵十だな。」と、ごんは思いました。兵十はぼろぼろの黒い着物をまくし上げて、腰(こし)のところまで水にひたりまがら、魚をとる、はりきりというあみをゆすぶっていました。はちまきをした顔の横っちょうに、まるいはぎの葉が一まい、大きなほくろのようにへばりついていました。
 しばらくすると、兵十は、はりきりあみのいちばん後ろの、ふくろのようになったところを、水の中から持ち上げました。その中には、しばの根や、草の葉や、くさった木ぎれなどが、ごちゃごちゃ入っていましたが、でもところどころ、白いものがきらきら光っています。それは、ふというなぎの腹や、大きなきすの腹でした。兵十は、びくの中へ、そのうなぎやきすを、ごみといっしょにぶちこみました。そしてまた、ふくろの口をしばって、水の中に入れました。
 兵十は、それから、びくを持って川から上がり、びくを土手においといて、何をさがしにか、川上の方へかけていきました。
 兵十がいなくなると、ごんは、ぴょいと草の中からとび出して、びくのそばへかけつけました。ちょいと、いたずらがしたくなったのです。ごんはびくの中の魚をつかみ出しては、はりきりあみのかかっているところより下手(しもて)の川の中を目がけて、ぽんぽん投げこみました。どの魚も、「とぼん」と音を立てながら、にごった水の中へもぐりこみました。
 いちばんしましいに、太いうなぎをつかみにかかりましたが、なにしろぬるぬるとすべりぬけるので、手ではつかめません。ごんはじれったくなって、頭をびくの中につっこんで、うなぎを口にくわえました。うなぎは、キュッといって、ごんの首へまき付きました。そのとたんに兵十が、向こうから、「うわあ、ぬすっとぎつねめ。」と、どなりたてました。ごんは、びっくりしてとび上がりました。うなぎをふりすててにげようとしましたが、うなぎは、ごんの首にまき付いたままはなれません。ごんは、そのまま横っとびにとび出していっしょうけんめいに、にげていきました。
 ほら穴の近くの、はんの木の下でふりかえってみましたが、兵十は追っかけては来ませんでした。
 ごんは、ほっとして、うなぎの頭をかみくだき、やっとはずして穴の外の、草の葉の上にのさえておきました。

 十日ほどたって、ごんが、弥助(やすけ)というお百姓の家のうらをとおりかかりますと、そこの、いちじくの木のかげで、弥助の家内(かない)が、おはぐろを付けていました。かじ屋の新兵衛(しんべえ)の家のうらをとおると、新兵衛の家内が、かみをすいていました。ごんは、「ふふん。村に何かあるんだな。」と思いました。
「なんだろう、秋祭りかな。祭りなら、たいこやふえの音がしそうなものだ。それに第一、お宮にのぼりがたつはずだが。」
 こんなことを考えながらやってきますと、いつのまにか、表に赤い井戸がある、兵十の家の前へ来ました。その小さな、こわれかけた家の中には、おおぜいの人が集まっていました。よそいきの着物を着て、腰に手ぬぐいを下げたりした女たちが、表のかまどで火をたいています。大きななべの中では、何かぐずぐずにえています。
「ああ、そう式だ。」と、ごんは思いました。
「兵十の家のだれが死んだんだろう。」
 お昼が過ぎると、ごんは、村の墓地(ぼち)に行って、六地蔵(ろくじぞう)さんのかげにかくれていました。いいお天気で、遠く向こうには、お城の屋根がわらが光っています。墓地には、ひがん花が、赤いきれのようにさき続いていました。と、村の方から、カーン、カーンと鐘(かね)が鳴ってきました。そう式の出る合図です。
 やがて、白い着物を着たそう列の者たちがやってくるのがちらちら見え始めました。話し声も近くなりました。そう列は墓地へ入っていきました。人々が通った後には、ひがん花が、ふみ折られていました。
 ごんはのび上がって見ました。兵十が、白いかみしもを付けて、位はいをさげています。いつもは赤いさつまいもみたいな元気のいい顔が、今日はなんだかしおれていました。
「ははん。死んだのは兵十のおっかあだ。」
 ごんは、そう思いながら、頭をひっこめました。
 その晩(ばん)、ごんは、穴の中で考えました。
「兵十のおっかあは、床(とこ)についていて、うなぎが食べたいといったにちがいない。それで兵十がはりきりあみを持ち出したんだ。ところが、わしがいたずらをして、うなぎを取って来てしまった。だから兵十は、おっかあにうなぎを食べさせることができなかった。そのままおっかあは、死んじゃったにちがいない。ああ、うなぎが食べたい、うなぎが食べたいと思いながら、死んだんだろう。ちょっ、あんないたずらをしなければよかった。」

 兵十が、赤い井戸のところで、麦をといでいました。兵十は今まで、おっかあと二人きりで貧しいくらしをしていたもので、おっかあが死んでしまっては、もうひとりぼっちでした。
「おれと同じひとりぼっちの兵十か。」
 こちらの物置の後ろから見ていたごんは、そう思いました。
 ごんは物置のそばをはなれて、向こうにいきかけました。どこかで、いわしを売る声がします。
「いわしの安売りだあい。生きのいい、いわしだあい。」
 ごんは、その、いせいのいい声のする方へ走っていきました。と、弥助のおかみさんがうら戸口から、「いわしをおくれ。」と言いました。いわし売りは、いわしのかごをつかんだ車を、道ばたに置いて、ぴかぴか光るいわしを両手でつかんで、弥助の家の中へ持って入りました。ごんは、そのすきまに、かごの中から、五、六匹のいわしをつかみ出して、もと来た方へかけ出しました。そして、兵十の家の中へいわしを投げこんで、穴へ向かってかけもどりました。とちゅうの坂の上でふり返ってみますと、兵十がまだ、井戸のところで麦をといでいるのが小さく見えました。
 ごんは、うなぎのつぐないでに、まず一つ、いいことをしたと思いました。
 次の日には、ごんは山でくりをどっさり拾って、それをかかえて、兵十の家へ行きました。うら口からのぞいてみますと、兵十は、昼めしを食べかけて、茶わんを持ったまま、ぼんやりと考えこんでいました。変なことには、兵十のほっぺたに、かすりきずがついています。どうしたんだろうと、ごんが思っていますと、兵十がひとりごとを言いました。
「いったいだれが、いわしなんかをおれの家へほうりこんでいったんだろう。おかげでおれは、ぬすびとと思われて、いわし屋のやつに、ひどい目にあわされた。」と、ぶつぶつ言っています。
 ごんは、、これはしまったと思いました。かわいそうに兵十は、いわし屋にぶんなぐられて、あんなきずまで付けられたのか。
 ごんは、こう思いながら、そっと物置の方へ回って、その入口にくりを置いて帰りました。
 次の日も、その次の日も、ごんは、くりを拾っては、兵十の家へ持ってきてやりました。その次の日には、くりばかりでなく、松たけも、二、三本持っていきました。

 月のいい晩でした。ごんは、ぶらぶら遊びに出かけました。中山さまのお城の下を通って少し行くと、細い道の向こうから、だれか来るようです。話し声が聞こえます。チンチロリン、チンチロリンと松虫が鳴いています。
 ごんは、道の片側にかくれて、じっとしていました。話し声はだんだん近くなりました。それは、兵十と加助(かすけ)というお百姓でした。
「そうそう、なあ加助。」と、兵十が言いました。
「ああん?」
「おれあ、このごろ、とても、ふしぎなことがあるんだ。」
「何が?」
「おっかあが死んでからは、だれだか知らんが、おれにくりや松たけなんかを、毎日、毎日くれるんだよ。」
「ふうん。だれが?」
「それが、わからんのだよ。おれの知らんうちに、置いていくんだ。」
 ごんは、二人の後をつけていきました。
「ほんとかい?」
「ほんとだとも。うそと思うなら、あした見に来いよ。そのくりを見せてやるよ。」
 それなり、二人はだまって歩いていきました。
 加助がひょいと、後ろを見ました。ごんはびっくりして、小さくなって立ち止まりました。加助は、ごんには気が付かないで、そのままさっさと歩きました。吉兵衛(きちべえ)というお百姓の家まで来ると、二人はそこに入っていきました。ポンポンポンポンと木魚(もくぎょ)の音がしています。まどのしょうじにあかりがさしていて、大きなぼうず頭がうつって動いていました。ごんは、「お念仏(ねんぶつ)があるんだな。」と思いながら、井戸のそばにしゃがんでいました。しばらくすると、また三人ほど、人が連れ立って、吉兵衛の家に入っていきました。お経(きょう)を読む声が聞こえてきました。

 ごんは、お念仏がすむまで、井戸のそばにしゃがんでいました。兵十と加助はまたいっしょに帰っていきます。ごんは、二人の話を聞こうと思って、ついていきました。兵十のかげほうしをふみふみいきました。
 お城の前にまで来たとき、加助が言い出しました。
「さっきの話は、きっと、そりゃあ、神さまのしわざだぞ。」
「えっ?」と、兵十はびっくりして、加助の顔を見ました。
「おれは、あれからずっと考えていたが、どうも、そりゃ、人間じゃない、神さまだ、神さまが、お前がたった一人になったのをあわれに思わっしゃって、いろんなものをめぐんでくださるんだよ。」
「そうかなあ。」
「そうだとも。だから、毎日、神さまにお礼を言うがいいよ。」
「うん。」
 ごんは、へえ、こいつはつまらないなと思いました。おれが、くりや松たけを持っていってやるのに、そのおれにはお礼を言わないで、神さまにお礼を言うんじゃあ、おれは、ひきあわないなあ。

 その明くる日もごんは、くりを持って、兵十の家へ出かけました。兵十は物置でなわをなっていました。それでごんは、うら口から、こっそり中へ入りました。
 そのとき兵十は、ふと顔を上げました。と、きつねが家の中へ入ったではありませんか。こないだうなぎをぬすみやがった、あのごんぎつねめが、またいたずらをしに来たな。
 「ようし。」
 兵十は、立ち上がって、納屋(なや)にかけてある火なわじゅうを取って、火薬をつめました。
 そして足音をしのばせて近よって、今、戸口を出ようとするごんを、ドンとうちました。ごんはばたりとたおれました。兵十はかけよってきました。家の中を見ると、土間にくりが固めて置いてあるのが目につきました。
「おや。」と、兵十はびっくりしてごんに目を落としました。
「ごん、お前だったのか。いつもくりをくれたのは。」
 ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなづきました。
 兵十は、火なわじゅうをばたりと取り落としました。青いけむりが、まだつつ口から細く出ていました。(おわり)

*本文は、「新美南吉代表作集(半田市教育委員会編集・発行)」に所載のものを、漢字表記等一部変更ししたものです。