4y5eju6rkj

1: 
もう終わりだね 2017/09/21(木) 16:02:39.32 ID:Zi0GQxA9



1: もう終わりだね 2017/09/21(木) 16:02:39.32 ID:Zi0GQxA9
2017年8月2日、中国メディアの網易は、歴史上多くの人命が失われた18の戦争のうち、3分の1近くが中国関連だと伝えている。

米ハーバード大のスティーブン・ピンカー教授が、歴史上の戦争における死者数を
20世紀の人口に換算したところ、最も多くの人命が失われた戦争は 第2次世界大戦でなく、中国・唐中期の755年から763年に安禄山とその部下の史思明らによって引き起こされた大規模な反乱「安史の乱」であるという。
多くの人命が失われた18の戦争のうち、3分の1近くが中国関連だ。

安史の乱による死者数は3600万人とされているが、これを20世紀の人口に換算すると4億2900万人に相当する。

次いで多いのが、13世紀のモンゴル帝国の制服で20世紀の人口に換算すると2億7800万人。以下、7~19世紀の中東奴隷貿易(同1億3200万人)、 17世紀の明朝滅亡(同1億1200万人)、3~5世紀のローマ帝国の衰退(同1億500万人)、14~15世紀のティムール東征(同1億人)、15~19世紀のアメリカンインディアン撲滅(同9200万人)、
15~19世紀の大西洋奴隷貿易(同8300万人)、20世紀の第2次世界大戦(同5500万人)、19世紀の太平天国の乱(同4000万人)、 19世紀の英国のインド占領(同3500万人)、17世紀の三十年戦争(同3200万人)、16~17世紀のロシア動乱時代(同2300万人)、20世紀の第1次世界大戦(同1500万人)、 16世紀のユグノー戦争(同1400万人)、19~20世紀のコンゴ自由国(同1200万人)、19世紀のナポレオン戦争(同1100万人)、20世紀のロシア内戦(同900万人)と続く。(翻訳・編集/柳川)

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170803/Recordchina_20170803080.html

2: もう終わりだね 2017/09/22(金) 12:19:36.31 ID:FC++NSq6
   昔            今
人喰( `ハ´) →→ 臓器売買( `ハ´)

3: もう終わりだね 2017/09/22(金) 12:25:38.59 ID:WVqi5M+f
世界で最も多くの人を虐殺し、最も多くの国を侵略し
人種が入れ替わるほどの殺しあいを行った最も残虐な民族なのがシナ人

世界でも最も無能で、最も不細工で
最も独創性がなくて、最も無様な歴史しかない民族が朝鮮人

一方の日本は・・・

五大国入りしアジア唯一の近代国家として
植民地化を免れ、アジア解放に貢献し有色人種に希望を与え、戦後は勅語を学んだ世代が経済大国化に貢献
アジアでは例外的にノーベル賞を量産し、数々のイノベーションを起こし
殺しあいで民族すら入れかわってるシナチョンと違って
最低2000年近く続く皇運に感謝だね

4: もう終わりだね 2017/09/23(土) 10:20:55.26 ID:Bjk1jnOl
だから古代とは人種が違うんだな

5: もう終わりだね 2017/10/05(木) 20:35:08.40 ID:/JJbEYbi
鬼畜チャンコロ

9: もう終わりだね 2017/11/04(土) 21:29:21.09 ID:AzGTFOFK
さずが世界一残虐なチャンコロ

最低2000年近く続く皇運に感謝だね

52: もう終わりだね 2018/08/26(日) 23:23:24.58 ID:k4NLMjrb
そもそも万里の長城を見ても、満州は支那の領土ではありません。
清は祖先の土地として満州に人が住むことを長らく禁じていました。
戦後漢民族の支那は満州から強制的に満州族を移転させましたし。

満州とは、日本人の手で日本人のお金で日本・朝鮮農民や日本企業が開拓、開発したもの。
道路、電気、上水道、下水道、田畑のための灌漑水路、鉄道。

それを人が住めるようになったら
ここは『ここは俺たち支那人の土地だ!日本人、朝鮮人は出ていけ!』とばかりに度重なる挑発を繰り返しました。

まさに、今の尖閣諸島問題と同じですよ。
今まで見向きもしなかったのに、周辺で石油が出るとなると態度をころりと変える。

騙して詐取する。詐取出来なければ力ずくで奪う。無断でコピーする。模造品を作り商標権や特許権、意匠権を侵害する。
今も昔もなにも変わっていません。

日中戦争の真の原因は、このような、支那人の泥棒・強盗・パクり根性にこそある。
それが本質です。

56: もう終わりだね 2018/09/21(金) 16:12:41.32 ID:fM8CnPMa
「中国大虐殺史ーなぜ中国人は人殺しが好きなのか」石平著
17世紀半ば、反乱軍を率いて四川省を占領した張献中(チョウケンチュウ)は
僅か数年で、当時600万人の四川の人口をほぼ絶滅させた。
山奥に逃げ、難を逃れた者はわずか1万8千人程度だという。
大殺戮の過程で、食料不足が発生すると、殺した住民たちの首を切り捨て、
その体は豚肉や羊肉のように大なべで調理し、兵士の食料とした。

住民が残り20万人程度となったころ、次の食料を求めて軍を移動するため、
張は、残り20万人の住民全員を、燻製や塩づけの兵糧とするよう兵士に命じた。
成都の街全体が「人肉加工場」に化したと云う。
石平氏によると、この張献中と毛沢東とは、その時代やイデオロギーは全く異なるとしても、
人民に対する残虐性や心の深層において酷似するという。
そして、そのキーワードが社会から排斥された「遊民」であり、主流社会にたいする恨みと報復心なのだと。
本書は日本人にわかりにくい、かの国の社会構造の一端を知る手がかりともなるだろう


<王朝交代期に数千万もの人口が大激減する理由> ちなみに日本が食糧増産技術を教える近代まで人口上限6千万人

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/asia/1505977359/




中国はどうせ盛ってるんだろ、歴史はうさんくさい
kaiwa1


安史の乱でそんなに死ぬ要素あるのか?文化大革命失敗とか入ってないな
100921


おすすめ



TOPページへ