5yhr6wjw

9rey867645: もう終わりだね 2018/08/08(月) 11:27:15.67 ID:Peyrjitrymkh5l,uji8uly;9l;1+vN4sP0



 https://www.sankyo-fever.co.jp/corporate/modify/tool/03/tansin20180807ja.pdf?r=corp_info


パチンコ・パチスロ業界では、「風●営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則」(いわゆる改正遊技機規則)が平成30年2月1日付で施行されました。現在パチンコパーラーに設置されている旧規則で適合した遊技機は、最大3年間の経過措置を受け継続して設置が可能であるほか、すでに旧規則で適合している遊技機についても当面販売が可能でありますが、改正遊技機規則施行以降、型式試験の申請を行い適合した新規則機は、これまでより出玉の総量が抑えられたものとなるためファンがどのような反応をするか読みづらく、当社グループの顧客であるパチンコパーラーは、新台購入・入替の判断を先延ばしする傾向がみられました。

一方で、新規則機はこれまでより手軽に遊べるタイプが主流になると見込まれ、設定付きパチンコといった新たなゲーム性につながる要素もあるため、遊技機メーカー各社は積極的に型式申請を行い、すでに適合機種も出始めております。当社グループにおきましては、他社に先駆けて平成30年8月にSANKYOブランドで設定付きパチンコ第1弾「フィーバー革命機ヴァルヴレイヴW」の発売を決定しておりますが、当第1四半期におきましてはまだ新規則機の販売には至らず、旧規則で適合した遊技機の新規タイトルをパチンコで1タイトル(リユース機を除く)、パチスロで1タイトルを投入するにとどまりました。しかしながら、平成29年8月に発売したパチンコ「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア」がロングランヒットとなり、追加販売が好調に推移いたしました。
以上の結果、売上高145億円(前年同四半期比30.7%増)、営業利益13億円(前年同四半期は23億円の営業損失)、経常利益18億円(前年同四半期は18億円の経常損失)、親会社株主に帰属する四半期純利益14億円(前年同四半期は11億円の親会社株主に帰属する四半期純損失)となりました。セグメント別の経営成績は次のとおりであります。

(パチンコ機関連事業)
パチンコ機関連事業につきましては、売上高127億円(前年同四半期比126.8%増)、営業利益32億円(前年同四半期は19億円の営業損失)、販売台数33千台(前年同四半期は14千台)となりました。新規販売タイトルは、SANKYOブランドの「フィーバーR-18」(平成30年4月)1タイトルのみでありましたが、平成29年8月に発売した「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア」が市場で好評を博し、当第1四半期においても追加販売を行ったほか、リユース機においてはSANKYOブランドの「フィーバー機動戦士Ζガンダム」(平成30年6月)が好調に推移いたしました。

(パチスロ機関連事業)
パチスロ機関連事業につきましては、市場が低調に推移する中、新規販売タイトルはSANKYOブランドの「楽シーサー30φ」(平成30年5月)1タイトルにとどまり、売上高3億円(前年同四半期比91.4%減)、営業損失8億円(前年同四半期は8億円の営業利益)、販売台数は8百台(前年同四半期は9千台)となりました。




スロが800台しか売れてなかったのか。そりゃ開発赤字だわな。パチンコは、R-18だけだったのか。なんかたくさんあったような印象。バイオハザードも1種2種のシンフォギアタイプって売り出すだろうから、三共はしばらく安泰だな。ここはシンフォギアの奇跡のヒットで一気に波をつけたって感じだな。
kaiwa1


利益剰余金の3248億円ってすごいな。ちょっとやそっとの赤字じゃびくともしないぞ。逆に言うと金がたっぷりあったのに、他の事業に手を出していなかったってことか。これがよかったのか悪かったのか。パチンコの販売台数がもっと減ったときにどう事業の舵取りをとるかだな。アルゼやサミー、平和と違ってカジノへの声が一切聞こえないけどどうするのだろう
100921


おすすめ まとめ記事



TOPページへ