herthyrt6j

1: もう終わりだね 2018/07/24(火) 03:34:34.68 ID:CAP_USER9



1: もう終わりだね 2018/07/24(火) 03:34:34.68 ID:CAP_USER9
予定地に掲げられた資料館の看板。名前は仮称のもので、どう名付けるか検討が進んでいる。
no title

中国戦線での牟田口中将(左から2番目)
no title

日本軍がインド侵攻を目指し、補給を無視した稚拙な作戦に多くの兵士が飢えや病で倒れ、「太平洋戦争で最も無謀の作戦」と呼ばれたインパール作戦。数万の日本軍兵士が倒れた地で、地元の青年らが戦跡を掘り起こして当時の兵器や遺品を回収し、資料館をつくっている。日本からの資金援助で11月にオープンする予定だ。

旧日本軍がビルマ(当時)からインド東部の攻略を目指し、食料や弾薬の補給を無視したずさんな作戦で膨大な死者を出した、1944年の「インパール作戦」をご存じですか。 旧軍の無謀さの象徴と言われるこの作戦の舞台となったインド東部インパール(現地発音ではインファル)で、地元の青年たちが74年前の戦争の記録と記憶を掘り起こし、資料館を建設しようとしています。日本からも支援が入り、11月に開館する予定です。

史上最悪の作戦

インパール作戦は、陸軍の牟田口廉也中将が、当時の連合国軍側が中華民国に物資を送る「援蒋ルート」を遮断することを目的に、1944年3月に始めた。ビルマから険しいアラカン山脈を越えてインド北東部に侵入し、当時インドを支配していた英国軍を退けて北東部を占領することを目指した。

だが、上層部が食料などの補給を軽視したため、兵士らは戦闘だけでなく飢えと病に苦しみ、次々と倒れた。作戦は4カ月後に中止されたが、険しい山中の撤退ルートに沿って日本兵のホトケが積み上がり、「白骨街道」と呼ばれる惨状となった。 精神論を振りかざして無謀な要求を突きつける上層部と、忖度する周囲。振り回され、疲弊する現場。この作戦の構図を巡り、2017年にNHKが「戦慄の記録・インパール」を放送。「今の日本社会にも同じような状況がある」とTwitter上でハッシュタグ「#あなたの周りのインパール作戦」が立ち上がった。

「日本戦争」

この作戦は、地元では「ジャパン・ラン(日本戦争)」と呼ばれてきた。

第2次大戦中に戦闘が行われたインドではほぼ唯一の地域で、地元の人々も戦闘の中を逃げ惑った。しかし、年月とともにその記憶は次第に忘れられていった。 インパールに生まれ育ったアランバム・アンガンバ・シンさん(44)は、インド軍将校の父親を持ち、以前から戦争に関心を持っていた。そのうち、友人らと少しずつ記録を集め、戦闘のあった場所を訪れて掘り起こし、当時の兵器や兵士の遺品、さらには白骨となったホトケなどの調査を始めた。

自らの手で資料をあつめ、私設資料館を開設

「戦争を自分たちの手できちんと記録し、遺品などを集めて記念式典を開くべきだ」と考え、仲間たちと「第2次大戦インパール作戦財団」を設立。作戦から70周年となる2014年、アランバムさんの自宅の納屋を整備して私設の資料館を開いた。

この年の6月にはマニプール州政府の協力を得て、日本やイギリス、オーストラリアなど、参戦国の外交官らを集めたインパール作戦70周年記念式典を開いた。翌年も式典を続けた。

広がる協力の輪 新館建設へ

私設資料館を訪れて感銘を受けた八木大使ら日本大使館や地元州政府など関係者の間で、資金を投入して資料館を拡充し、より多くの人々に訴えられるものにすべきではないかという議論が持ち上がった。

大使館員らが財源を探した結果、日本財団が5000万円を拠出し、新たに資料館を建設することになった。予定地はインパール近郊の激戦の地として知られ、英軍側が「レッドヒル」、日本軍は「2926高地」と呼んだ丘のふもとだ。 周囲には日印政府が合同で建立した平和記念碑などが並ぶ。

さらに、関連組織の笹川平和財団が、資料館のオープンに向けてソフト面での支援に乗りだした。アランバムさんは2018年7月、平和財団の招待で来日した。 アランバムさんと、地元の人々の証言を記録するため同行した地元の映像作家とジャーナリストの3人は、「ひめゆり平和記念資料館」などを視察し、戦争と平和を巡る資料館のあり方を学んだ。 工事は8月に終わり、その後、視察の成果を活かして資料の整理などを進め、11月にも開館する見通しだ。
BuzzFeed Japan 2018/07/23 20:01
https://www.buzzfeed.com/jp/yoshihirokando/imphal

23: もう終わりだね 2018/07/24(火) 04:08:45.59 ID:VA0MV/RD0
>>1
インド侵攻じゃない、インド解放を目指したの。

31: もう終わりだね 2018/07/24(火) 04:29:02.28 ID:t+Cs165h0
>>23
それが真実だと思う。 欧米が植民地にしたいた場所ばかりだもん

45: もう終わりだね 2018/07/24(火) 05:04:37.80 ID:Ov0+L/gB0
>>1
なんか、日本のサラリーマン社会と似てるなあ

2: もう終わりだね 2018/07/24(火) 03:35:21.43 ID:6O9fRhTc0
牟田口の作戦評価してる連合軍指揮官がいるのも確かなんだよなぁ

3: もう終わりだね 2018/07/24(火) 03:36:49.42 ID:DttfpMiN0
>>2
どういった理由でなんだろう?

6: もう終わりだね 2018/07/24(火) 03:47:54.56 ID:Nfav8MfT0
>>3
「その発想はなかった」

33: もう終わりだね 2018/07/24(火) 04:31:08.94 ID:fWasoUnF0
>>3
「それを倒したおれってどうよ?」と自分の評価につながるから
「鼻くそほじりながらでも勝てるバカでした」じゃそうならないだろ

25: もう終わりだね 2018/07/24(火) 04:15:19.31 ID:yTcU3M+lO
>>2
実際に日本軍が作戦中止しなきゃ
英軍ヤバいとこだったのは事実

30: もう終わりだね 2018/07/24(火) 04:24:00.26 ID:u3FjwM2C0
>>2
戦後、当方面のイギリス軍参謀中佐は牟田口に書面を寄せ、「何故もう一押ししなかったのか?当時英軍は危機に瀕していた」と書き、とりわけコヒマ進出を称えた。

34: もう終わりだね 2018/07/24(火) 04:31:15.13 ID:yTcU3M+lO
>>30
着眼点は良かった 補給がきつかった
戦闘行為は撤退したけど インパール作戦に参加したインド人を裁判にかけたら大暴動で英国は収拾がつかずインド独立を認めた
結局最終的にはインド解放と言うインパール作戦の目的は達成した

41: もう終わりだね 2018/07/24(火) 04:59:26.05 ID:RE9osb5m0
>>34
ドヤ顔だけど 戦争としては失敗だよw
インド解放なんか 戦争の目的としては枝葉なんだから

59: もう終わりだね 2018/07/24(火) 05:43:00.24 ID:gEKH2Ozw0
>>56
インパール作戦失敗後、牟田口は次のように訓示しました。「佐藤兵団長は、軍命に背き戦線を放棄した。食う物がないから戦争は出来んと言って勝手に退りよった。皇軍は食う物がなくても戦いをしなければならないのだ!兵器がない、やれ弾丸がない、 食う物がないなどは戦いを放棄する理由にならぬ!弾丸がなかったら銃剣があるじゃないか!銃剣がなくなれば、腕でいくんじゃ!!腕もなくなったら足で蹴れ!足もやられたら口で噛みついて行け!日本男子には大和魂があるということを忘れちゃいかん!」

62: もう終わりだね 2018/07/24(火) 06:06:49.56 ID:hXfWz2qI0
>>59
自分は安全なところにいるから言いたい放題だな
しかも醜態を晒して戦後も生き延びる

5: もう終わりだね 2018/07/24(火) 03:45:37.44 ID:ThJRgUQG0
でも実際、インド目前までは進んだんだろ?
いや、牟田口自身の人格を肯定するつもりは皆無なんだけど

8: もう終わりだね 2018/07/24(火) 03:51:15.85 ID:YDla52fp0
>>5
進んだっていうより満を持して待ち構えてるイギリス軍に思いっきりおびき寄せられたってのが正確。 物資不足な軍がベテラン兵でも逃げ出すレベルの山越えを強行って時点でありえないんだが、上層部との人脈がすごいから滅茶苦茶な作戦でも全部認可されたってのが何気に怖い。

15: もう終わりだね 2018/07/24(火) 04:02:19.67 ID:ThJRgUQG0
>>8
当時のインドの状況を知らない身からすれば、イギリスはヨーロッパにかかりきりの上、
チャンドラボースの存在やインドの独立志向を鑑みれば、「無理してでもインド入城さえ叶えば、 イギリスのインド支配に楔を打ち込めるのでは?」と考えちゃうわ
インパール作戦とその中身は無謀だったという事自体を否定するつもりはないけど

18: もう終わりだね 2018/07/24(火) 04:04:36.27 ID:qY+brDif0
>>15
兵糧を考えないで作戦を考えられたら 古今東西の名将達も苦労しないと思う

12: もう終わりだね 2018/07/24(火) 03:59:38.72 ID:qY+brDif0
長い人類の古今東西の歴史で ヨーロッパだろうが、中国だろうが兵糧を軽視したための敗北は定番中の定番なのに なぜ繰り返すのか・・・

14: もう終わりだね 2018/07/24(火) 04:02:02.59 ID:eZs6XPZn0
牛連れて山越えとかなぁ ジンギスカン作戦とか
日本軍の兵站軽視は知ってるが山岳やジャングル戦の研究何もしなかったの

17: もう終わりだね 2018/07/24(火) 04:03:48.24 ID:I2MVvjr+0
牟田口廉也は最期まで非を認めなかった

29: もう終わりだね 2018/07/24(火) 04:22:28.50 ID:Ygo0Pzwf0
今も日本はやってやがるw 学校で

35: もう終わりだね 2018/07/24(火) 04:34:38.50 ID:BG3q1Dm90
貧乏を打開しようとして戦争に突き進む。 しかし、国力がないから、結局敗れる。
戦争のパラドックスですね。

37: もう終わりだね 2018/07/24(火) 04:45:57.83 ID:Zs8/sgaq0
>>35
「打撃を与えて早期講和」とか願望でしかないしな その点、北朝鮮は核開発を使って上手く立ち回ってると思う 日本にとっては明確に滅ぼすべき敵ではあるが

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1532370874/




精神論のアホのせいで、何万人しんだやら
kaiwa1


体育会気質はいまだこびりついているけどな。「精神論を振りかざして無謀な要求を突きつける上層部と、忖度する周囲。振り回され疲弊する現場」これって今でもある。
100921